ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

大阪からの帰路

移動経路だけ書くと
朝日プラザ心斎橋→吉野家→マンボウ戎橋店→天下一品法善寺店
→JR難波→高田→奈良→木津→加茂→伊賀上野→亀山→名古屋→

朝日プラザ心斎橋は朝食がとれないので9時ぐらいにチェックアウトし
御堂筋へ出て道頓堀の橋の南西にある吉野家で焼魚定食
それからマンボウ戎橋店で3時間パック
すでに昼を過ぎたので天下一品法善寺店へ寄ってからいよいよ帰路についた

13:59 JR難波 (区間快速 221系) 高田
たまたま和歌山線に入る高田行きだったので
この機会に あいぼん の聖地 大和高田 に寄って
まだ乗ったことのなかった 桜井線 に乗ってみようと思った
和歌山線は39年前に全線乗っているはず)
終点の高田で降りると思っていたより田舎 駅前はしょぼい
ローソンがあったのでビールでも買っておこうかと思ったら売ってない
禁酒法が施行されているのかと思ったら駅のKIOSKに売っていた
ここで缶ビールとカロリーメイトを買って桜井線に乗り込みました

15:09  高田 (普通 105系 )  奈良

ベンチシートの105系なのでちょっと残念なんですが
夕陽に照らされた大和三山とかを眺めながらのゆったりした1時間
珍しい名前の駅がたくさんあります

畝傍(うねび)

櫟本(いちのもと)

帯解(おびとけ)

京終(きょうばて)

櫟本と帯解の間ではいつも天理インターから大和小泉へ向かうときに
見かける 高井病院 も見えました
奈良の1つ手前が 京終 なんですが
なんでこんな名前がついたんでしょうか

16:09  奈良 (みやこ路快速  220系)  木津
16:20  木津 (大和路快速  220系)  加茂

さてここからが接続が悪い

16:46 加茂 (普通 120系 ) 伊賀上野

たいていは亀山行がくるんだけど 運悪く伊賀上野止まり
30分くらい待ち時間があるので改札の外へ出てみたけど
忍者が住んでいた山の中の秘境なので見事になんにもない

17:49 伊賀上野 (普通 120系 ) 亀山

ちょうど通学時間で女子高生がいっぱい
さきほどまでの奈良県よりはレベルが高いみたい
佐那具 新堂 柘植  とどんどん下りていき
列車は加太トンネルを越えて亀山市
亀山でも30分ほど待ち時間があるので
何か食べようと外へ出たけどここも廃墟
そこそこの人口のある都市なのに駅前はやはりゴーストタウン
一軒だけあった旅館兼大衆食堂のような店で玉子丼


19:07 亀山  (普通 210系 ) 名古屋

1番乗りたくなかった210系がキタ 最後までついてない