ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

何事もほどほどがいい?

守澤 悠さんが なっちのドラマに関して
”耳がいいのと音楽的才能は関係がない”
というようなことを述べておられる

耳はいいほうが音楽を演奏したり聴いたりするのに確かに有利だろうが
そのことと曲を作ったり演奏したりするときの音楽的才能は別物のようだ

例えばベートーベンは晩年耳が聞こえなかったわけだが
すぐれた作品をたくさん残している
もしかすると耳というのは聞こえすぎないほうがいいのかもしれない

絶対音感のある人はそれがわずらわしく感じられることがあるというし
1ヘルツの差がわかるようだと気になってヘタな歌など聴けないだろう

耳が悪くてよかった・・・・

頭のほうもあまり良すぎると不幸になるらしい
自殺とかする人は頭のいい人に多いとか

頭が悪くて良かった・・・・(激爆)


守澤 悠さんが なっちのドラマに関して
”耳がいいのと音楽的才能は関係がない”
というようなことを述べておられる

耳はいいほうが音楽を演奏したり聴いたりするのに確かに有利だろうが
そのことと曲を作ったり演奏したりするときの音楽的才能は別物のようだ

例えばベートーベンは晩年耳が聞こえなかったわけだが
すぐれた作品をたくさん残している
もしかすると耳というのは聞こえすぎないほうがいいのかもしれない

絶対音感のある人はそれがわずらわしく感じられることがあるというし
1ヘルツの差がわかるようだと気になってヘタな歌など聴けないだろう

耳が悪くてよかった・・・・

頭のほうもあまり良すぎると不幸になるらしい
自殺とかする人は頭のいい人に多いとか

頭が悪くて良かった・・・・(激爆)