ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

このところ 環境にやさしい を謳い文句にしたCMがやたら目立つ
しかし製品そのものの環境負荷が小さくてもそれを作る過程やらも含めたら
トータルでの影響なんて簡単にはわからないような気がする
結局は企業のイメージ戦略にすぎないわけだし
裏には巨大な利権をめぐってキナ臭い話がいっぱいありそうだ
環境問題を公約に掲げている政治家とかはいちばん信用できないかも