ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

[ライブ・イベント]

何が起こるかわからないので早めに出発 ということで
13:10出発 三ケ日インターまで約1時間弱
車は新所原に置いて JRで浜松へ15時過ぎに着いた
まだ開演まで3時間以上あるので 遠鉄百貨店の中華料理屋で腹ごしらえをして
16時ころアクトシティ着 知っている人も見当たらないので
行列に並んでサイリウム購入(いちいち並ぶのがメンドイ)
いつもまにか入場口にも行列ができている
指定席なのに なんで2時間も前から並んでいるのは理解に苦しむ
ファン層は娘。とあんまり変わらないけど
小中学生がけっこう多い ただここは親子連れではなく単独が多い
ふと思ったが 名古屋以外の会場ではあんまり親子連れを見ない
たぶん名古屋の小中学校は ほとんど小中学生だけでの出歩きを禁止しているせいだろう
名古屋では 子供だけで街をうろつく=不良 という考えが根強いようだ

ようやく入場 とにかく眠いので 開演まで数十分 とにかく寝る
そして19:00いよいよ開演 まずは 桃色片想い 
そして c/w の待ち合わせ や アルバムの中の比較的地味な曲が続く
平家 6人祭 メロン の2曲 でテンションは上がり
後半はかなり熱いノリで とろぴかーるの衣装は・・・・
そして LOVE涙色 で 本編終了
アンコールは 初めて・・・ と 笑顔に涙

構成がよく考えられていてたし ハコが小さいこともあって
ステージと客席の一体感を感じるいいライブだった

終演後 驚いたことに 駅の店がほとんど閉まっている
少し街をうろついたが 人通りがほとんどないようで
どうやら浜松は夜が早いらしい

JRで新所原へ戻り 豊橋市内をテキトーに抜けて1号線を北上
岡崎インターから東名に乗って24時過ぎに帰還した