ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

君の胸で (岡林信康)  

at 2001 03/12 19:55 編集

これが岡林? と思わせるくらいしみじみとした曲にストレートな詩をのせた ラブソング

♪僕はやっと重い荷物をおろして
 君の胸でそっとまぶたを閉じようと
 戻ってきたんだよ 僕と一緒に歌っておくれ

70年代の岡林は こうしたラブソングや演歌などにも芸域を広げていったのだが 
60年代のアングラフォーク派からは支持されなかった

小室等 が 僕はフォークソングの人間じゃないソングの人間なのだ とTVでいってたことがあるが
関西のアングラフォークを支持する人たち(左翼?)は
社会へのプロテストをもたないフォークは認めない という風潮が強く
そのことが 拓郎コンサートにおける 帰れコール にもつながっている

いつの時代にも異なる思想や意見を認めず排除するという人間や集団はいるもので 最近はGM板にあまり行きたくない
(昔の♪28よりコピーしました)