読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

中日5−2巨人

中日     0 2 0 1 0 1 0 0 1      5
巨人    1 0 0 0 0 0 0 1 0      2

勝:伊藤 1試合 1勝 S;山井 2試合 2S 負:ホールトン 1試合 1敗
本塁打 中日 大島1号(6回1点小山)

きのうの大野に続き 今シーズンほとんど登板のなかった伊藤準規が先発
初回に坂本にタイムリーを打たれたものの続く阿部高橋を連続三振
その後2回から7回まではすべて三者凡退 8回に走者を出して浅尾に交代
9回は山井が抑えて5−2で快勝
巨人のようなチームにはシーズンにあまり対戦のなかった投手のほうがいいのかも
打線もつながりが出てきたので4連勝もできないことはなさそう

中日の得点
2回:平田、森野がヒット、谷繁四球で無死満塁
  伊藤準規のピッチャーゴロをホールトンがファウルと判断してタイムリー内野安打
  大島のセカンドゴロの間に三塁走者森野ホームイン
4回:ヒットで出た伊藤準規を荒木がタイムリーで返した
6回:大島のソロホームラン
9回:ヒットで出たブランコの代走英典を谷繁が犠牲フライで返した

シーズン中とは違って打線がつながってきました。
ホームランあり タイムリーあり 犠打ありで 多彩な得点パターン
特に投手の伊藤準規の2安打がいずれも得点にからんでいます
当だがうまくかみあって連勝です