ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

野いちご(井上陽水)


これも1974年の4thアルバム
”二色の独楽”のB面の2曲目に収録されていたものです。
シンプルなアルベジオがかなりオンにとられていて
アマチュアが作ったかのような曲ですが
あの独特のボーカルがとても味わい深い作品にしています。