ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

summer(井上陽水)


以前何度か探したけれどyoutubeには見つからなかったのが偶然見つかった。
招待状のないショー というアルバムの中の曲です。


♪思いのままは暮らすこと 思いのほかは生きること 
 またくる夏の日陰で休むことが楽しみ

(中略)

♪何も言わない貝殻に想い出なんてしゃべれない
 またくる夏のどこかでやさしい人に会いたい

こういう歌詞を独特の声で歌う
たぶん誰にも真似のできない世界です

冒頭の 
>思いのままは暮らすこと 思いのほかは生きること 
は 最初聞いた時 逆じゃないかと思いました。

レコーディングの日に曲ができていなくて
スタジオ入りしてから1時間で作ったというから驚きです。