読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

中日1−0ヤクルト

ヤク   0 0 0 0 0 0 0 0 0    0
中日    1 0 0 0 0 0 0 0 X    1

勝:吉見 2試合 2勝  
S:岩瀬 4試合 3S  
負:ロマン 1試合 1敗

昨年からの 飛ばないボール の影響は続いているようで
昨夜のセリーグ3試合はすべてロースコアの完封試合
特に広島ではマエケンがノーヒットノーラン

今年のナゴヤドームでの開幕戦は
吉見とマエケンの投げ合いになり
7回まで吉見が完全試合をしてました。
翌日は帰ってきた川上が先発して9−0の完封
結局ここまで6試合を消化して5勝1分けで勝率10割
うち4試合が完封試合と投手陣はほぼ万全
けれど2試合目を除いて相変わらず打てない傾向は続いていて
スコアだけ見ると楽勝でも重い展開は多い
昨夜の試合もいわゆるスミーチ(隅1)で
最終的には勝ったもののかなりイライラする。
らしいといえばらしいんですけどね。