ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

涙をこえて

40代 50代 の人なら知っている人が多い
そしてなぜか若い人も結構知っている。
かぜ耕士 という人は たぶん放送作家だったと思う