ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

バケツの水

一転して軽い感じの曲だが歌詞の内容はむしろ重い


♪バケツの水は毎日捨てたほうがいいみたいです。
 なのにダメなこのあたしはついついいっぱいにしてしまって
 人生を台無しにしてる。

バケツの水が何を表しているのか その解釈によって
いろんな意味にとれそうだけどじっくり考えてみるのもいい