ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

ホントのじぶん(ヘ長調)

ここからが第2楽章にあたる部分で キーは短3度下がってヘ長調
デビューシングルだからやはり耳になじんでいるし曲調はやや落ちつく
ここからの3曲はどれも歌詞がたいへん意味深いので味わって聴きたい。

 
   バカヤロ! ホントのじぶん   言いたいこと言ってやれ
   はみだしてくんだよ  近づいてくんだよ  夢に


ものすごく説得力のある歌詞だし 3人の声は違和感なく溶け込んでいる
おそらくシングルのソロデビュー曲ということで
かなり歌いこんでからレコーディングしているのだろうが
最近のハロプロの楽曲では屈指の名曲といっていい