ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

修学旅行第3日

shuyo2007-05-25

午前2時半くらいに寝て午前5時くらいに目を覚ましたら

とてつもない暴風雨が荒れ狂ってました。
矢太樓南館 というのは山の斜面に建ってるせいもあるでしょうが
少なくともペーロンは中止 下手をすると港巡りも危ないんじゃないかと

結局ペーロンのメンバーもバスはそのままで港巡りになりました。
これはこれで良かったような気もするけど晴れていれば爽快でしょうね
(風が強いとどんなことがおきるかは・・(ry)


昼ごろから天気は回復してきて吉野ヶ里遺跡についた頃には雨は上がりました
ただこのあとは元の6号車に戻らなければならないので
荷物は全部持って歩く羽目に・・・

青森県の三内丸山遺跡には10年前に行ったことがありますが
あちらは縄文時代の遺跡
この吉野ヶ里遺跡は弥生時代後期のものらしい
邪馬台国ってやっぱりこのへんにあったんでしょうか
(どこにもなかった って説もあるみたいだけど)

ここも追い出しが大変
竪穴式住居の中とかにはあんまりいないんですが
やっぱり土産物屋の中とかにいるんですね
タイムトライアルのゲームみたいです(w)

GEMEOVERになったら大変ですけどね

太宰府天満宮では天気は完全に回復して晴れてきました
なんか1日のうちで天気がめまぐるしく変わっていきます。
おみくじを引いてる人多いです 大凶とかはないのかな
ここでの追い出しは1人でもとりのがすと飛行機が出てしまうので大変
なんかTVゲームのようなシチュエーションですが

太宰府天満宮の境内ってけっこう広いです

国立博物館の駐車場が最後の集合場所で
ここからバスは福岡空港に向かいます

福岡空港はもちろん初めてなんですが
到着地の中部国際空港も始めて 帰ってきたはずなのに


外国へ来たみたいな妙な違和感がありました

飛行機は低気圧を余裕で?追い越してしまうのでこちらは雨