ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

結婚会見の様子が毎日新聞のサイトに出ています。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20070510mog00m200004000c.html

今回はマスコミも全般に信じられないほど好意的なようで
結局 ”やっちゃったもん勝ち” なんでしょうか
もちろん一部に厳しい声もあるようで 今日の ”アッコにおまかせ” が楽しみ


ネット上でも 2ちゃんねる をはじめ
いろんな掲示板やブログでさまざまな意見が飛び交っているけど

守澤さんの”小生の掲示板”での
通りすがりの大阪人さんの意見
>後輩に対する悪影響というけれど、適齢期を大幅に過ぎても結婚しない人よりも、
 早くすてきな伴侶を見つけて、女性にしかできない仕事をやるほうがよいお手本です。

昔の日本ならそれこそ正論だし、現在でもこういう意見は必ずある
なのに掲示板やブログだと荒れたり炎上したりすることが多い
誰かが圧力をかているわけでもないのに結果的に言論の自由が失われている
ネット社会の体質みたいなもんだろうか

医学的(というより生物学的)にも19歳くらいで子供を産むほうが
高齢出産よりはよほど望ましいだろうし
中世や近世の日本ではずっと若い年齢で出産していたはず
今日の社会通念がいつのまにか社会の変化に追随しているだけのような気がする


でもこれから大変なのは誰でも想像できる