ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

ひとりひとりが幸せになれる社会

あと8期生光井の父親は滋賀県の満福寺というところの
住職をされているらしいですね
ラジオにも出演していて ブログもあるみたいです
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/ko_yu123

そこに書かれていたことなんですが


>社会は多くの人びとが生きております。
 しかしよくよく考えてみれば、ひとつひとつの・・・。
 一々の家庭・家族の集まりです。
 ひとつ一つの家庭が幸せになれば、この日本。現代のこの世は
 かならず幸せに充ち満ち溢れた大歓喜世界となります。

 みんなが喜ぶから自分もうれしい。
 人びとが幸せだから自分も幸福になるのです


当たり前のことかもしれないけど
現代人が忘れそうになってることじゃないでしょうか

ひとりひとりが幸せになれる社会
ひとつひとつの家族を大切に

それは つんく♂ の歌の中にもよく出てくる考え方ですね

今でも世界中のいたるところで宗派対立による戦争がおこっているけど
もともと宗教は人々を救うために生まれたはず
宗教や宗派が違うために殺しあうなんて悲しい
それが人間 それが社会 それが生物 ではあるんだけど


10周年シングルのタイトルは 
僕らが生きる MY ASIA

ASIA には 日本や中国はもちろん
インドやアフガン
そして イラクなどももちろん含まれるわけです