ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

セーラー服と機関銃

なんか後半のストーリーが映画版と全く違いますね
どっちが原作に忠実なんでしょうか
ドラマ版では レイプなし 生体解剖なし カ・イ・カ・ンなし モーレツなし
殴りこみにいく相手は 映画では浜口物産 ドラマでは三大寺
映画版にあった意味不明な演出はすべてなくなってシリアスになったというか
真面目すぎてちょっと息苦しい作品になったかも