ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

セーラー服と機関銃

なんか薬師丸ひろ子ほどの存在感はないですね
(ルームNo.が 8940 だったのは笑った)
もともと原作が荒唐無稽なだけに
アニメならともかく実写だとリアリティがない