ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

16:00ごろライブ会場である
国際会議場センチュリーホールに
すんげえ立派な建物です
駅を出た瞬間にダフが
券余っとらんかー とくる
なんでライブに来たとわかるわけ?
ここは駅だよ いろんな人が通ってるのに・・・

まだ昼の部?が終わってなかったみたいで
案外静かでした
ホールの入口付近でトリさんたち(だったかな?)を発見
しばらくそのへんで話していると昼の部が終わり
合流して地下駐車場に集結
ととやさん・Pさん・Ayukiさん
ノーサイドさん・ポジてんさん
トリさん・ゴー圭さん・020さん
なおひろさん・にくまんさん
怪鳥さん・すりまるさん・kenkenさん
あっしーさん・うっきーさん・き〜まさん
の総勢17名(参考文献:トリレポ)
が排気ガスのたちこめる地下駐車場で作戦会議?
あややじゃんけんまでしてましたね(駐車場でですよ)

あややライブは 浜松 四日市 に続いて
今回で3回目になるわけだが
新曲の草原の人
を歌うのは確実だから
どの曲がカットされるんだろう?
と思っていたのだが どうやら
まるまる1曲増える(はじめの方に挿入)らしい
てなことを駐車場であれこれ話しているうちに開演時間がせまってきたので
急いでホールへ向かった
飲み物は持ち込めなさそうなので
自販機で給水?して中へ入る
クラシックの海外アーティストの公演もできそうな立派なホールだ
これなら音響は・・と思ったのに
PAの調子がメチャ悪かった
(特に3曲目の つまんないよ はひどかった)
これじゃホールが良くても意味ないじゃん

座席は15列のやや左寄り
右が通路 なのがいい

ガタメキラ のあとに 草原の人 が
挿入された以外は四日市と同じ

初めて唇を重ねた夜
のような静かな曲では静かに聞きいり

桃色片想い

絶対解ける問題
では一転して最高に盛り上る
あややライブはファンの質もいい

そしてアンコールのラストはお約束?の

笑顔に涙

千秋楽の割にはあっさりと終わりました