ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

コレルリ  バイオリンソナタ ホ長調 op5-11

at 2001 03/01 12:48 編集

一般的にはそれほど知られていないかもしれないが・・・
演奏はエドワルドメルクスのものがいい

コレルリは自身がバイオリンの名手であったためか
バイオリンのパートはほとんど楽譜が書かれていない
作品自体もあまり残されておらず
作品1から作品6まで(それぞれ12曲セット)
となっている