ガヴォット第1番ホ長調第4楽章”エディ・カガ1273K ”

あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、 年月過ぎ、境も隔りぬれば、言たきまゝに 語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。第4楽章はなぜかハ長調で語る60年史。

[誰も読まなかったJ-pop批評]

平家みちよ の上手さが際立っている
考えてみれば オーディションの優勝者は
この人なのだから当然かもしれない
ではなぜ売れなかったのか?
キャラクターが真面目過ぎることも
あるだろうが それにしても
充分ソロでアルバムは出せるはずだと思う
デビュー曲のGETはなかなかいい曲だったし
プッチ・・に収録の2曲もなかなかだ
思えば2曲目が失敗だったんじゃないかな
それとASAYANはなんで優勝した人を
もっと売ろうとしなかったんだろう


(この記事は2000年4月に開設した
 ”種よひとみの希美の喜びよ”の中の
 ”誰も読まないJ-POP批評”に掲載したものです)